井進は内向的な少年で、色々なことを諦めて生活していた。生真面目な母親の小言、それに反抗もせず従うこと。学院でのイジメに卑屈な笑みを浮かべて耐えること。それを冷ややかに見つめる幼馴染の視線を受けること。こんな虚無的な日々が続くのだろうと思っていたが、ある男に出会い劇的な変化をもたらすことになる。「催眠術」という、突拍子も無いモノを教えてくれることで…。♪

購入の方はこちらへどうぞ!!