大学で心理学を専攻していたこともあってカウンセリングに熱心な主人公の男性保健医。彼は心理治療の一環として催眠療法も学び、その際に自身が発する「口調」や「声質」に先天的な「相手の心に及ぼす効果」がある事に気付いた。そんな彼が勤務する学園の保健室には「保健室の常連」とも言える一人の少女がいた。それが、事故で両親を失うという悲劇によりトラウマを背負った女子校生・沙耶香だった。最初は純粋に催眠術習得の為に彼女に催眠治療を施していたが、次第に…。♪

購入の方はこちらへどうぞ!!